【山形】大井沢の大栗 幹回り日本一の栗の巨木は神々しい

大井沢の大栗
11月4日14:10 PENTAX K-1+DFA15-30mmF2.8 ISO160 1/50sec f8 15mm

 山形県西村山郡の山間にある「大井沢の大栗」は、巨樹の会により日本一の幹回りを持つ木をして認定された山形県指定の天然記念物である。

 この木は県道27号から細い山道を進まねばならず、看板が小さいため何度か通り過ぎてしまい行くのに苦労した場所の一つです。たどり着くの大変でしたが、森の中にぽっかりと空いた空間にそびえ立つ栗の巨木がとても美しく、私達が巨木巡りに更にハマったきっかけの木です。

 特に、紅葉した栗の木から落ちる、黄色い葉が舞う風景は今でも忘れられません。

目次

大栗はGoogleマップはあてにならん

 「大井沢の大栗」とGoogleマップに入れるとピンは出てきますが、それまでの正確な道のりは出てきません。
近くまでは行けるのですが、私達は県道27号を何往復したことか・・・。

 「辿り着けないな」と諦めかけた時に、27号線上にある「自然と匠の伝承館」の前に小さく”観光案内所”の看板が!

 早速、駆け込み話をすると丁寧に道を教えてくれ、無事にたどり着くことができました。

 教えてもらった栗の木への道の入り口には、確かに小さく看板?が木の幹に縛り付けてあったのですが・・・。車からでは見つけるのは難しいと思いますので、迷った場合は一度「自然と匠の伝承館」に訪ねる方がいいかもしれません。(開館時間:火〜日 9:00−16:30)

ハチ

ちなみに、2022年10月現在Googleマップを頼りにしていくと大変な目に合います。

ゴン

せやな・・・。
全く別の場所に連れてかれるで。

ハチ

大井沢川沿いの道は間違いだから気をつけて!

目印は旅館「孝庵」

 観光案内所が閉まっている場合、県道27号線沿いにある「孝庵」という宿を目印にして行ってください。
そこに、栗の木への最初の看板があります。そこからは、ちらほらとある看板を頼りに自力で行きますが、Googleマップには道が出てきませんので、お気をつけください。

 また、道は舗装されてない&すれ違いのできない細い道です。多少デコボコ道になってますので、運転に気をつけて行ってください。

ハチ心の声

栗の木の看板が控えめすぎて・・・
難しかったよ・・・

ドヤァ〜!なゴン

観光案内所で聞いた方が安心だぜ!
素敵なレディーにも会えます!!

ハチ心の声

浮気はマイナス1000ポイント。

紅葉が美しい「大井沢の大栗」

 車を止める場所から少しだけ土の道を歩くと、急に視界が開け「大井沢の大栗」が目の前に現れます。
とても大きく、威厳のある佇まい。木の周りには木道が整備されています。

大井沢の大栗
11月4日14:25 PENTAX K-1+DFA15-30mmF2.8 ISO200 1/100sec f8 15mm
カメラ小僧 ゴン

うぉぉぉ!最高の被写体だ!

カメラ小娘 ハチ

これは映画のワンシーンに出てきそうな巨木だな!

大井沢の大栗
11月4日14:15 PENTAX K-1+DFA15-30mmF2.8 ISO160 1/40sec f9 15mm
ゴン

こんな感じで、木の周りは木道があって撮影しやすかったで!

ハチ

栗の木に陽が当たるように、周りの木は間伐されてるみたい。

大井沢の大栗
11月4日14:05 PENTAX K-1+DFA15-30mmF2.8 ISO160 1/160sec f8 15mm
得意げなハチ

写真より、実物の方が何倍も神々しかったかも!
紅葉の大栗で我らは巨木に目覚めたな!

驚愕のゴン

何!栗の素晴らしさが、俺の写真では伝わりきらないだと!!
ゴーーーン!!

大井沢の大栗へのアクセス&まとめ

痛い子ハチ

みんな!是非「大井沢の大栗」に行って栗〜!

厨二病ゴン

ナイスだ!俺にも笑いの神が降りてきた!
栗に行ってクリ~!ってクリかえす。

ハチ心の声

がっ栗・・・

おすすめ度:★★★★☆
オススメ時期:10月下旬〜11月上旬 ※冬〜春(5月下旬頃まで)は残雪のため車でのアクセス不可。
アクセス方法:駐車場すぐ
料金:無料
大井沢の大栗の地図:地図を見る ※アクセスの際は旅館「孝庵」の分岐から行ってください。

得意げなハチ

上にも書いたけど、Googleマップでルート検索しても行けないよー!

関連ページ一覧へ


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次