【北海道】 白ひげの滝 青い池の青い成分はここから運ばれる!?

白ひげの滝

落差20m、幅30mの滝、青い池の上流にありここの川の色も青色に見えることから、通称ブルーリバー。

水が青く見える理由は、おそらく青の池と同じ理由で水中のアルミニウムや硫黄成分が光を散乱させているから。
(ゴンは空が青く見える理由と同じと理解している)

目次

白ひげの滝こばなし

ハチ

ここは私は行ってない場所だね。
なかなか良い写真!涼しそう!

ドヤァ〜!なゴン

ここは滝の前には行けないのだ!
谷になってて、橋の上から滝をのぞき込む感じになるのだ。

ゴン

だから肉眼だと滝が小さく感じる。綺麗なんだけどね。
1枚目は35mm換算で130mm相当の写真だからちょっとだけ望遠で切り取った写真やな。

白ひげの滝
ハチ?

35mmで130mm??
とりあえずスマホでそのまま撮ると滝がちっちゃいのね。

ドヤァ〜!なゴン

そーいうことやな!
(35mmで130mmの話は長いのでカットやな)

ハチ

迫力あるの好きなゴンさんには少し物足りない感じかな?
あと、よく見ると壁から水が出てきてない?

ドヤァ〜!なゴン

この滝は地下水が染み出てるのだ!
地下水だから青い色の元(アルミニウム)が含まれているのかな。
あと見た目がヒゲっぽいから白ひげの滝って名前がついたみたい。

ま と め

得意げなハチ

青い池から近いから次は行く時はセットで寄ってみよう!

おすすめ度:★★☆☆☆
オススメ時期:特になし
アクセス方法:近くに無料駐車場有
料金:無料
白ひげの滝の地図:地図を見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次