【長野】涸沢カール 日本一の紅葉と夜のテントはまるで宝石箱

紅葉の涸沢カール

標高2300mにある涸沢カールは日本一の紅葉のも言われており、別名?「燃える涸沢」

アクセスは上高地から徒歩で16kmあり、途中から登りがキツいです。

しかし辿り着けば全ての疲れは吹き飛んでしまう絶景が待ってます!

当たり外れがあって毎年綺麗というわけではない気まぐれな屋なところもあるようです。

目次

ハチゴーこばなし

ハチ?

あれ?写真が青空だ。私が行った時は曇ってたような??

ドヤァ〜!なゴン

ふふふ、ハチさんとは一緒に2回行ってるけど、その前にも2回も行っているのだ!
初めての涸沢は日帰り弾丸で行ったから滞在時間40分ほどだったかな。。。
目の前の絶景を背に帰るのが辛くて辛くて・・・次は絶対テント泊すると誓ったのだ!

驚愕のハチ

(4回も行ってるなんてマニアなのか・・・)

ハチ

日が沈むと沢山のテントが光ってて凄く綺麗よね。

ドヤァ〜!なゴン

泊まった者だけが見れる景色!

得意げなハチ

テント泊装備は重いけど、頑張っていく価値はあるよね!
山小屋にも泊まれたり、レンタルテントもあるからテント泊装備を運ぶ体力に自信がなくてもなんとかなるよ。
(※事前予約です。行く前に調べてみてね。)

ドヤァ〜!なゴン

とは言え山登りなのでルートの下調べや装備はちゃんとしとかないとな!

ゴン

まずは星空とテントの写真から載せていくぜ。
係の人が「テント点灯してくだーい」って呼びかけてた。

ハチ心の声

(テントてんとう。。。3点だな。)

星空と涸沢のテント
星空と涸沢のテント
星空と涸沢のテント2
星空と涸沢のテント 流れ星も
星空と涸沢のテント3
どこかの惑星のような
涸沢カールとテント
ハチ?

雪の上にテント??

ドヤァ〜!なゴン

到着が遅すぎて、まっすぐな場所でテントが張れる場所は雪の上しかなかったのだ・・・あとは坂道しかなかった。。。
雪残ってるくらいで夜はかなり寒いから防寒対策は必須です!!

この時はまだ山岳テント持ってなくて重かったな・・・
人気な場所だからテント泊も山小屋伯もなかなか大変なのだ。

ドヤァ〜!なゴン

紅葉の写真はまだまだあるぜ!

涸沢カール紅葉
涸沢カール紅葉
涸沢カール紅葉
池があります。この時は凍っててあまり映り込みしなかった・・・

涸沢カールへのアクセスについて

上高地バスターミナル~明神橋~徳沢~横尾~本谷橋~涸沢カールとなります。

本谷橋までは比較的緩やかだったり平地だったりの道で、上高地バスターミナルから12~13kmほどあります。

本谷橋から突然登り坂になり、全体のタイムの半分ほどかかります。(人によりけりですが)

上高地へはマイカー規制のため、平湯あかんだな駐車場or沢渡駐車場からバスかタクシーでアクセスすることになります。

駐車場はアクセスのよい方を選んでください。

涸沢YouTube

得意げなハチ

YouTubeにも動画をアップしてるのでよかったら見てねー。

まとめ

得意げなハチ

さすがは紅葉日本一と言われる涸沢カールは綺麗でしたね。
違う季節にも行ってみたいな。

おすすめ度:★★★★★
オススメ時期:紅葉は9月末辺り
アクセス方法:上高地から徒歩16km(詳細は上記)
料金:泊まりの場合は料金あり
涸沢カール地図:地図を見る

得意げなハチ

【ハチのプチ情報】
女性用トイレはトイレの左側に専用列ができることが多く、比較的空いてるよ!トイレ中央にできる男性トイレの列は超長い!男性登山者の割合が圧倒的に多いからなんだ!列に並ぶ前に女性は一度トイレの左側をチェックしてみてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次