【北海道】樽前ガロー 雨の後の光芒は、まさに天国 心奪われる絶景

樽前ガローの光芒
8月13日7:50 PENTAX K-1+PENTAX DFA15-30mmF2.8 ISO100 1/20sec f8 24mm

最近、流行り?と言われて行ってみた。『樽前(たるまえ)ガロー』

東北の方言で切り立った壁の間に流れる川のことを言うそう。周りには何もない僻地にあるが、道中は案内板があり迷うことなく到着できた。

光芒が美しく、下界よりも涼しい。まさに天国。

だが、真夏でも水は刺すように冷たい。あしは地獄。

天国と地獄を同時に味わいながらも、素晴らしい景色に魅了され、足が死んでもずっと撮影できるそんな美しい場所です。

目次

樽前ガローについて

ドヤァ〜!なゴン

どや!この光芒!まさに天国!

ハチ

凄く神秘的だった‼
短パン+スポーツサンダルで突撃したけど8月でも足が冷たくて大変だったよね。

ゴン

光芒が出だした時!
実は最初は反対向いて写真撮ってて振り返ると光芒出てたので感動した!

樽前ガロー 光芒
8月13日7:25 PENTAX K-1+PENTAX DFA28-105mmF3.5-5.6 ISO100 1.3sec f9 28mm
ハチ

真ん中の岩の上の葉っぱに日が当たっていい感じだね!

ゴン

他に2組撮影してる人がいたけど、ウェーダー(※)着用してたなー。
ちょっと羨ましかった。

※ウェーダーとは釣りの時とかに川に入っても下半身が濡れないようにする、防水つなぎのことです。

ドヤァ〜!なゴン

でも、絶景を目の前にすると足冷たいとかどーでもよくなるぜ!

ハチ心の声

(たぶん気のせいだよ。。。私の冷たくて痛かった。。。)

ゴン

下の2枚は光芒とは逆側を向いて撮った写真です。
光芒がでなくてもいい景色!

樽前ガロー
8月13日6:50 PENTAX K-1+PENTAX DFA28-105mmF3.5-5.6 ISO100 8sec f10 88mm
樽前ガロー
8月13日7:10 PENTAX K-1+PENTAX DFA15-30mmF2.8 ISO100 1/3sec f11 16mm

樽前ガローへの降り方

グーグルマップのリンクを張りました。

橋を森側に渡るとすぐ左手に緑の看板があります。その横に白い看板があり、細い道?があるのでそこから降りると上の写真を撮ったスポットです。
補助のロープがあるのでそれなりの斜度の場所を降りるので、動きやすいカッコでないと厳しいと思います。
ハチとゴンはスポーツサンダルでも問題はなかったので、個人個人の判断になります。
(ビーチサンダルではさすがに無理な気がします。)

下で紹介するその他スポットは、もう少し道を先に進んだ先にあります。

ハチ

私たちが行った時は川の流れは穏やかだったけど、状況により危険な時もあるので注意してください。

樽前ガロー光芒スポット2

ドヤァ〜!なゴン

その他スポットの写真も載せていくぜ!

8月13日8:30 PENTAX K-1+PENTAX DFA28-105mmF3.5-5.6 ISO160 1/2sec f8 40mm
8月13日9:40 PENTAX K-1+PENTAX DFA28-105mmF3.5-5.6 ISO100 0.6sec f9 28mm
ゴン

太陽が昇っていくと横から射してた光芒の角度がまっすぐになっていきます。
そして、太陽がある程度昇ると光芒は出なくなります。

得意げなハチ

写真の下に撮影時間を書いておいたから参考にしね!

樽前ガローの光芒はいつ出るの?

僕たちが行った時は前日の雨が降っていて、当日が晴れとなっていたので光芒が狙えると思い行きました。

6月~8月が出やすいようです。

前日が雨、次の日が晴れで寒暖差がある時も発生しやすいようです。

靄が出ているところに木漏れ日が射すことで光芒がでます

なので光芒を見るためには太陽の方向を向かないとダメです。

実際に行った8月13日は朝の6時から水につかって待ってましたが、光芒が出始めたのが7時15分で、9時40分で切り上げてます。

ハチ

前日の土砂降りが良かったな!

ま と め

得意げなハチ

ちなにみ大事なトイレ事情ですが、トイレはありません!
最寄りのコンビニは車で15分かかるので注意してね。

おすすめ度:★★★★★
オススメ時期:6-8月(前日雨だと◎)
アクセス方法:道の広くなったところに路駐
料金:無料
樽前ガローの地図:地図を見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次