絶景にいこう!!

絶景を探す

ギャラリー

旅日記

Facebook

LINK

【北海道編:5日目】2013年8月 北海道 東北 〜4500km一人旅〜

【5日目のルート】
積丹半島→神威岬→弁慶岬→賀老の滝→親子熊岩→館の岬函館山

<スポンサードリンク>

【5日目:積丹半島】
朝は朝日に始まりって思って起きたけど、曇りのため朝日見えず。
この旅ではあまり天気がよくありません。
北海道・東北旅
ほんとに見事なまでの曇り。今のところ朝日見れたのzeroです。

積丹半島は渚百選にも入っていて、積丹ブルーとよばれるキレイなブルーが特徴的なところです。
早朝から向かうも、ゲリラ豪雨にやられました。

渚百選なのになんか残念でした。
あと朝早すぎて日の光が入ってないので積丹ブルーもそこまでキレイには見えなかった。雨だし…
北海道・東北旅 北海道・東北旅
写真も投げやりな感じがにじみ出ています。。

【5日目:神威岬】
そのまま神威岬に行くとは8時開門らしく外で30分ほどまつはまに。(でも少し早めにあけてくれました)
雨はやんでたけど曇りでした。
この場所は昔は女人禁制の地だったようです。
岬の先端にあるロウソクのような岩が特徴です。
北海道・東北旅

北海道・東北旅 岬にはよくこのような地図があります。
相棒のK-5に魚眼レンズつけていますね。
広大な景色には超広角レンズもいいですが、魚眼レンズも活躍することが多いです。
歪みがありますが、その歪みを強調したり、分からないように撮ったりと工夫すると面白いレンズです。
この下も魚眼レンズで撮った写真はお気に入りだったりします。


今度は積丹半島より少し時間がたってるので、日の光も少しはあって積丹ブルーの海の色が分かります。
さすがに曇っているので写真に撮ってもなんか微妙で爽快感みたいなんはないんですが。。
北海道・東北旅

写真を撮り終わり帰っていくと少し晴れたのでUターン。今回の旅のコンセプトは妥協はしない!になってました。
北海道・東北旅
(だいぶ補正が強いけど、完全に晴れてればこんなもんだと思います。)

おかげで神威岬に余分に1時間ほど時間を使ってしまった。。

【5日目:弁慶岬】
神威岬をあとにして海岸沿いを走ってると風力発電の風車が見えてきました。 北海道・東北旅
最北端の宗谷岬へ向かうオロロンラインにも風車が並んでて、北海道だなーって感じる風景のいひとつです。

さらに海岸沿いに進むと、弁慶岬があります。弁慶伝説にちなんだ岬で弁慶像が立っています。
北海道・東北旅
神威岬にいた時よりももっと晴れてる、、、タイミングが悪いです。

【5日目:賀老の滝】
次の目的地の賀老の滝辺りに到着しけど、どこに滝があるか分からずかなり歩き回りました。
迷ってるとドラゴンウォーターという看板を見つけたので、行くとそこは伝説の道の看板があった。
北海道・東北旅 北海道・東北旅
なんともやり投げな看板です。そして超普通の道・・・ドラゴンウォーターは湧き水でなんと炭酸水。
天然の炭酸水なんて初めてでした。ちょっとすっぱい味がしました。

迷ったり水飲んだりで一時間ほど使ったけど、入り口の地図みたらすぐ分かった。。。
第二展望台こっちとか書いてれた看板につられてずっと間違ってました。
ちなみに第二展望台からは木が沢山で何も見えません…茂みの中にある展望台あるあるです、、

かなり探してようやく入口付近の案内看板に地図が載ってることに気が付き滝までの道が分かりました。
北海道・東北旅
この地図でもまるで第二展望台から滝が見えるかのように書かれていますが、ほんとに何も見えないです!
そして第一展望台に行かねばならないのですが、第二展望台の方に行くと第一へは道がつながっていません。。

滝までの道はかなり長い下りでした。
下ると滝の展望台があるのですが、少し滝から遠い。。。目の前に行きたくなり突撃!
そんなに危険な個所はありませんでした。
北海道・東北旅
形がすごいいい滝で北海道で見た滝では一番ですね。
そして現時点でも5本の指にはいる滝です。

【5日目:親子熊岩】
滝を後にして海岸を走る。
そろそろお腹がすいてくる。。
お昼ご飯に恵まれない旅なのだろうか、、もう昼も過ぎて14時になっていた、、全ては賀老の滝で滝への道が分からなかったせいである。

今日もお昼は食べれないのか…と諦めかけたその時!

漁師直売のお店を発見する!

北海道・東北旅 北海道・東北旅
今回の旅、初の海鮮丼である!当たり前だが美味しくないわけがない!

さて、長磯海岸沿いの道は奇岩ロードと呼ばれおり、多数の奇岩がある。
正直、全体的には微妙なのですがこの親子熊岩は凄いです。
下に小熊、上に親熊の姿に見えます。
この岩には、おぼれる小熊を助けようとする親熊の少し悲しいエピソードがあります。
北海道・東北旅

あまりに熊にしか見えないので、人工物かな?と思ってしまいました。

【5日目:館の岬】
次なる目的地、館の岬へ向かうのだが館の岬の正確な位置ががわからず、行ったり来たりして80kmほど余分に走しるはめに。。ようやく場所が判明してたどり着いた時にはもう夕暮れ時。
北海道・東北旅
さすがは東洋のグランドキャニオンと呼ばれるだけのことはあります。
しかし規模が…グランドキャニオンに行ったことはないけど、もっと他の呼び名があってもよかったのでは??と思うのは俺だけでしょうか?
北海道・東北旅
引きで撮るとこんな感じ。

この場所で夕日も見る。
夕日は海に沈んでいったのでただの海の夕日でどこでも見れそうですが、でもキレイでした。
北海道・東北旅
なんだかこの日は余計に時間を使う日です。

【5日目:函館山】
近くの温泉に入り、函館に向かう。
ほんとは函館山の夜景はブルーアワーの時間帯に行きたかったのだが、インクラの滝・賀老の滝で時間を使い過ぎて無理でした。

函館では、晩飯食べるところに困り、全国チェーンの「まいどおおきにしょくどう」で食べてしまうという失態を、、、

22時になると車で函館山に登れるようになります。
車で行く人多いので駐車場に入るのに少し待ちました。(10〜20分ほど)
函館山の夜景を見たことで、ついに日本三大夜景(長崎・兵庫・北海道)を制覇しました。
さすがは三大夜景というキレイさです。さっそく夜景鑑賞と言うか撮影。
北海道・東北旅行
ちょうど流星群の日と重なってたので、流星と夜景を両方一緒に写真に撮りたかったが、なぜか写真撮ってない時に流星が流れる。。
結局一度もタイミングが合わず撮れなかった。

明日に備えて移動かな?と思ったけど、時間も遅いし何よりついにかなり疲れていると実感できるほど疲れが溜まってたので函館山の第二駐車場(他に車いない)へ移動し就寝。

【5日目 完】  最終更新日:2015/02/18



【日記一覧へ戻る】

前の日記へ←    →次の日記へ

<スポンサードリンク>


 



【この旅で廻った場所】